サラリーマンやOLにオススメの副業は

会社に入って数年経ってはいるわけですが、昇給幅が小さくてあまり給料が上がっていないというような人もいるのではないでしょうか。
そうなると、節約して暮らしていかないといけなくなりますし、欲しいものがあったとしても買えなくなってしまいます。
そうなると仕事を増やすことで収入を稼ぐというのが一番手っ取り早い方法です。

生活に余裕がない人がやるケース

サイドビジネスを視野に入れざるを得ない人は、やはり収入がそれほど多くなく貯金が少ないという人です。
OLやサラリーマンの中には会社にばれずにダブルワークをしている人もいます。
生活のために稼がないといけないということです。

生きがいを求めて好きな仕事をやるケース

本業では好きな仕事が出来ていなくても、副業で趣味のような好きな仕事ができるというケースもあります。
報酬は少なくても好きな仕事ができるからうれしいと思って仕事をすることもあります。
もし嫌なことがあっても本業がありますので、副業は気楽な気持ちでやれます。

本業に支障が出なくて継続的に稼げるものをやる


ダブルワークをやるとはいっても本業にとって代わりたいというわけではないです。
月に数万円プラスすればいいという風に思っている人はいるでしょう。
休日だけアルバイトをするということも可能なのですが、もし会社にばれたくないのであればばれないような仕事を選ぶ必要があります。

ネットを使った在宅ワークというのもありお小遣い稼ぎには向いている部分がありますが、時給換算してみるとそれほどでもないというものもあります。

年間20万円を超えると確定申告が必要

本業とは別に仕事の稼ぎがある場合には年間で20万円を超えると税金がかかります。
OLやサラリーマンであれば年末調整をしているから関係がないと思うかもしれませんが、20万円を超えると確定申告を行わなければいけません。

住民税の徴収により会社にばれることがある

以前は確定申告をしたら住民税の徴収方法として普通徴収を選べば、勤務先に情報が行かないのでばれないわけですが、現在は普通徴収を選んでも給与所得の場合は、本業の給料から住民税が支払われる特別徴収になる場合があります。
特別徴収だと給与明細を見れば副業しているというのは一目瞭然ですので、この段階でばれるわけです。

就業規則を確認してからやるのがいい

いろいろな理由でダブルワークをする必要がありますが、本業を失わないためにも就業規則をまずチェックしましょう。
それから、継続的に働けるようなものを選びましょう。

新着情報

◆2015/06/08
サラリーマンやOLにオススメの副業はの情報を更新しました。
◆2015/05/18
深夜の短い時間に効率よく稼げるパチンコ台入れ替え作業の情報を更新しました。
◆2015/05/18
資産運用につながるFX投資の情報を更新しました。
◆2015/05/18
休日仕事があることが多い試験監督の情報を更新しました。
◆2015/05/18
冠婚葬祭の出席をするだけで収入になる代理出席業の情報を更新しました。